【レビュー】マズメ レッドムーンライフジャケット サーフスペシャル

マズメ レッドムーンライフジャケット サーフスペシャル 海釣り

ルアーマンに絶大人気のマズメのライフジャケットですが、その中でサーフをメインフィールドとする方向けの専用モデルが「サーフスペシャル」です!

10回程使用しましたので、良い所も悪い所も書いていきます。

スポンサーリンク

レッドムーンライフジャケット サーフスペシャル

着心地

ウエストハーネスシステム(バックルはYKK製)が採用されているので股紐が気にならず良いです。

ウエストハーネスシステムとはライフジャケット従来の股紐が無く、股紐と同様の安全性が得られる腰をホールドするバックル付きのベルト。両サイドのウエストハーネスストラップを引くことにより、簡単にフィットするシステム。

肩当てのパッドがしっかり入っていますし、ベルトの調整箇所も多いのでどの体型でもフィット感は高い。ただ、後述しますが収納量が多いので前面が割と出ているので、小柄な方には不向きかもしれません。

収納量

文句なしの収納量なので、あれもこれもと詰め込めます!サーフシーバス、サーフショアジギをメインとして、たまにエギングやキス釣りなんかもしたい人には嬉しい収納量です。

前面

左右のサブルームに、14cmのミノーもかける事が出来るルアーハンガー付きケースが左右に1個ずつと、左右のVS-3010が入るメインルームがあります。

これが結構便利。例えば、軽めのミノーを投げてる時に、沖にナブラが見えて、すぐにメタルジグに交換して沖に遠投したい時とか。

自分の場合パイロットルアーや1軍ルアーを左右のルアーハンガーにかけて、2軍はVS-3010に入れて前面左右のメインルームに入れています。ルアーハンガーの付属ケースは簡単に取り外す事ができるので釣行後にルアーを洗いやすい。

ルアーハンガーの場所を含めるとVS-3010が4個入ります!

背面

背面は3箇所あります。

特徴的なのが、ソフトクーラー。夏場に重宝しそうなバッグポケットです。簡易的ですが、保冷剤も一緒にいれておけば一定の保冷効果はありますし、冷気が漏れても背中も冷やしてくれますよ。

他には、タモ網がかけやすいD環やロッドスタンド収納まであります。ロッドスタンドの収納スペースまであるのはありがたいですね。

浜で腰をかけて休憩する時に使えます。

ポーチ、フィッシュグリップホルダー、プライヤーホルダー

右胸に黄色のポーチ、左胸にフィッシュグリップホルダー、プライヤホルダーは右の腰ベルトに標準で装着されています。3点とも残念な事にちょっと微妙です。

まずこのポーチ、黄色のアクセントが効いててデザインはかっこいいのですが、私のXperiaXZ1が入りません。(XperiaXZ1は、5.2インチ)

なので、リーダーとターボライターを入れています。ここにスマホと鍵を入れようと思い購入したのですが、無理やりでも入らない小ささでした。スマホ入れるのに、アブガルシアのポーチを検討中です(;´д`)トホホ…

ネットの製品紹介に小型ポーチと書いてあるのを見落とした私が悪いのですが…

そして、フィッシュグリップホルダーは歩いていると落ちます!!!

使用前はこんな位置に付いてて、かっこいいなんて思ってたのですが、使用1回目の釣行後に速攻で外しました。歩く度に落ちる。。。

ジャストフィットのフィッシュグリップでも、時間の問題で落ちてくるでしょう。

プライヤーホルダーはベルトの位置についているので、ちょっともたつきます。これは慣れれば問題ないと思います。

収納量まとめ

収納量が多いので、正直余っています!が、このライフジャケットでサーフゲームに必要な道具は一通り収納できるので友人の車で行く際は、荷物が少なくなって良いです。帰宅時には背面のソフトクーラーにリールを入れる保護することもできます。

これだけ収納ができると、入れ過ぎてしまいます(^_^;)

入れすぎて移動が辛いだろうと思ったのですが、フィット感が良いので移動中もキャスト時も重さを感じません。

まとめ

私のように途中からサーフでシーバスもライトショアジギもエギングもと、あれもこれも楽しみたい人や、持っていきたいルアーが多くある人、長時間楽しみたい人には向いているライフジャケットです。

逆に磯メインの人や、ルアー少なめコンパクトで機動力重視でやりたい人には向いていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました